よくあるご質問

A.

正式に受任するまで費用は一切かかりません。まずは気軽な気持ちでお問い合わせください。専門的な分野で、お一人で悩まないでください。
少なくとも解決の糸口につながるヒントを一緒に探してみましょう。

無料お問い合わせはこちら
A.

可能であれば決算書、定款、株主総会招集通知書、など入手可能な資料をご準備ください。これまで会社側と直接やりとりを行った経緯があれば、背景事情もお知らせください。

A.

法律上、定められた税率を変更することや納付義務から逃れることはまずできません。だからこそ、ご自身のおかれた境遇を冷静に考え、どう準備し、どう行動するか、しっかり対応する事が大切です。
相続財産に株式が含まれている場合は株式を売却し相続税を支払う方法もございます。

相続税が高いと感じる方はこちらの記事がおすすめです 無料お問い合わせはこちら
A.

このような場合はお問い合わせください。
会社側が株主としての権利をないがしろにする姿勢が明白です。かつての親族であったり、従業員であったり、昔の関係性に甘えて、実務的な対応を怠って良いというものではありません。

無料お問い合わせはこちら
A.

このような場合はお問い合わせください。
会社側が株主としての権利をないがしろにする姿勢が明白です。かつての親族であったり、従業員であったり、昔の関係性に甘えて、実務的な対応を怠って良いというものではありません。

無料お問い合わせはこちら

まずは実績のある専門家へ
お気軽にご相談ください。

少数株、非上場株、株式相続問題に関するお悩み、不安などまずはお気軽にご相談ください。

お電話03-6384-1129

※受付時間は平日9:30~17:30です。